2007年02月01日

ベトナム&カンボジア旅行記 IV -Hoi An - の続き(ミーソン聖域)

先日の「ベトナム&カンボジア旅行記 IV  - HOI AN-」
で書こうと思いつつ、あまりにも長くなりすぎたので、
2回に分けてみました。

今回は、「ホイアン(Hoi An)」を拠点に半日ツアーに参加した
世界遺産 My Son(ミーソン)聖域です。

Hoi Anからバスで1時間くらい(だったかな。忘れちゃった)。
遺跡のエントランスでバスを降りると、エントランスチケットを
購入します。確かチケットは6万ドン(約4ドル)だったような・・・。
で、ジープに乗り換え、遺跡付近まで移動します。
大型バス3台分くらいの観光客がいるのに、
この移動用のジープが数台しかなくて、ここでしばらく待ちぼうけ。

TS320149.JPG

で、ジープを降りると、ガイドさんが遺跡マップ↓を使って
大枠の説明をしてくれます。

0112-1.jpg

TS320150.JPG

ええと、ミーソン聖域は、チャンパ王国の聖地跡。
(↓ガイドブックの要約↓)
遺跡群は四方を山に囲まれ、南に聖山マハーバルヴァタが
そびれる盆地の中央にある。
4世紀後半にチャンパの王がシヴァ神を祭った木造の祠堂を
建てたことに始まる。その後、8〜13世紀末までに建てられた
70を超える遺跡群がジャングルの草木の中に眠っているそうな。
ベトナム戦争中に米軍機の爆撃にあい、破壊されてしまった
部分も多いとのこと。

接着剤を使わずに擦り合わせて造られたレンガ建築、
壁面の彫刻等、チャンパの文化をうかがい知ることができる。

と書いてあります。

インドシナの歴史とかヒンズー教のことがわかると
(私もなんとなくしかわからない)、おもしろさが
倍増するかと思います。

お祈り(?)の儀式のプロセスとか、そのプロセスに
使用される男性性器と女性性器を表現した岩の意味とか
いろいろ説明してくれて、説明自体は理解できても
全体的に文化、宗教的背景等々の知識が足らず、
わかったようなわからないような・・・。

0112-2.jpg

0112-3.jpg



0112-4.jpg


0112-7.jpg

0112-8.jpg

もっと詳しく知りたい方は、こちら1、こちら2、をご参考に…。


ちなみに、今回はバックパッカー御用達の
Sinh Cafeの「My-Son Cham Holyland Tour by bus
に参加しました。

朝8時〜13時の半日ツアー
帰りのみ、ボートでの移動に変更することも可能です。
私達は、夕方Ho Chi Minhに移動せねばならなかったので
往路復路ともにバスにしました。US$6也。
エントランスフィーは含まれてません。

バスもちゃんとしてたし、ガイドさんの英語もなかなか上手。
時間も正確だし、管理もちゃんとしていて、とっても快適でした。
もうSinh Cafe、超オススメです。
Sinh Cafeのツアーは、日本人向けの日本語ツアーと違い、
様々な国の人が参加するので、コスモポリタンな気分も味わえます。
それになんといっても「安い」。でも質も悪くない。


ちなみに、Hoi Anからは(近くの大都市ダナンDa Nangからも)
ベトナム戦争時の南北軍事境界線跡、
DMZ(Demilitarized Zone=非武装地帯)
にも行くことができます。
ガイドブックによると、
朽ち果てた戦車や銃弾の跡が残り廃墟となった教会
とかがあるとのこと。

私達は時間もなく、また戦争跡をわざわざ見に行くのもなぁ、、と思い
旅程に含めませんでしたが。

Sinh CafeのDMZ Tourは、
どうやらHUE(フエ)から出ているようです。



バスバスバス







posted by えり★ at 14:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動!感激! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。