2007年10月01日

ワイルド・ソウル

最近ハマった本。

ワイルド・ソウル
著: 垣根 涼介

4年ほど前に出版されて、大ヒットした本だけど、
基本的に文庫本しか買わない私
(結構本を大量に買うので、ハードカバーで買ってると
財政的に厳しいんです)、
今ごろになって読みました。

だいぶ遅れて、ハマってます。今頃マイブーム。

第二次大戦後の外務省による中南米移民計画に
関する物語なんだけど、今まで自分と関わりがあまりなかった
中南米に目を向けようと初めて思わされた本。
当時の移民計画についての書籍を探して読もうと思います。

本当にひどいことをしてたんだなぁと思います。
ホント、今頃知るなんてかなり恥ずかしい話だけど、
今更だけど知ることができてよかった。

クメールルージュの件もそうだったけど、
知らないって本当に恥ずかしい…。



続けて、垣根涼介さんの本を何冊か読んでみました。

サウダージ

ラティーノ・ラティーノ!―南米取材放浪記

止まらないです。
著者の趣味か、車の改造に関する表現とか
銃に関する表現がたっぷりあるのだけど、
正直そのあたりは興味まったくないので、
かなり飛ばし読み。

でも背景の説明のしかたとか、物語の構成とかが
すっごく上手(私の好み)で、
「次はどうなるんだろう!!」とワクワクさせられます。

読んでいない方、是非おススメです。



目目目
posted by えり★ at 01:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

港区病後児保育施設「まちかど保健室みなと」オープン!

ちょっと遅れてしまいましたが、ご紹介します。

私がボランティアでお手伝いをしている
NPO法人フローレンスが、
6月1日より、「まちかど保健室みなと」の運営を開始しました。

よろしければ、こちらのブログもご覧ください。


NPO法人フローレンスは、
私の大学の後輩の、とっても若い社長が運営している
NPO法人です。お手伝いを始めてから辿ってみたら、
代表の駒崎さんは、友人の友人であることもわかりました。
若いのに、私よりも何歩も先に、
私がまだ漠然ながら描いている夢らしきものを
どんどん形にして、実現しているステキな人です。

本業のほうが忙しく、正直こちらのボランティア活動に
あまり時間を割くことができていないけど、
精神的には、とってもとっても応援してます。

もう少し本業の方が落ち着いてきたら、
時間も確保して関与高めたいと思ってます。
落ち着くのかなぁ・・・って感じだけど、
何とかしなくちゃ!何とかする!!



exclamation×2exclamation×2exclamation×2
posted by えり★ at 00:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

アースガーデン"冬"

昨日は友人と「アースガーデン"冬"」なるものに
参加してきました。

オーガニック&エコロジーとライフスタイル」を
メインテーマにしたイベントで、テーマに関連した
商品やサービスを提供するショップが160以上出店とのこと。

有機栽培の野菜や果物、素材にこだわりのある調味料とか
お酒、加工食品、洗剤、オーガニックコットンの衣類とか
自然の素材と使ったクラフト、、、etc...

出店されている方々の自分達の商品のよさを
心から熱く語る姿が印象的でした。

昔懐かしい大学の学園祭みたいな「手作り感」と一生懸命さも。


私達はもっぱら「食」のほうに集中し、野菜、果物、
調味料とかその他食材を買いまくり。
2人暮らしなのに、つい沢山買ってしまいました。

だっておいしそうだったんだもん。

これから数日間は、食卓が充実しそうです。


4月21、22日には@代々木公園で
Earth Day Tokyo 2007」が開催されます。
『アースデイ』(地球の日・4月22日)は、地球のために行動する日で、
世界184の国と地域、約5000ケ所で行われている、
世界最大の環境フェスティバルです。
くわしくはこちら



るんるんるんるんるんるん


posted by えり★ at 18:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

エンタテイメント日誌?

私のブログはまるでエンタテイメント日誌のようになってきました。

何故だ!なんでだ?
なぜかというと、、、

本来このブログは"my soul mate"というタイトルで
つまり、my soul mateへのささやき、、、みたいなものを書いて、
自分自身の心を整理できればということを主旨とし、
ごく身近の方々のみに公開していたつもりだったのですが、

いろんなところで、
「実はえり★さんのブログ、読んでますよぉ」
と、『読者』としてはまったく想定していなかった方々から、
このように告げられることが多く、
それはもちろん非常に喜ばしく、ありがたいことなのですが、
本当にありがたいんですよ。間違いなく。

でもですね、
あまりにも予期せぬ方々から声をかけられるので、
いったいどのあたりの方々が読んで下さってるのか、推測ができず、
そんなことだから、何をどこまで書いてよいものか、
訳がわからなくなっちゃいました。

私個人の悩みをつらつらと読まされても迷惑な人もいるでしょうし、
書いた本人が意図していない方向に話を誤解されるのも困るし、
周辺で発生した事柄を事細かに書かれては迷惑!と思う人もいるだろうし、
かといって曖昧な表現ばかりで書くと、今度は何がなんだかわからなかったり、、、

だからといって、my soul mateという主旨のブログを
レストラン日記やお食事日記にはしたくないし、、、

で、挙句の果てに、誰にも害のない、
エンタテイメント話の構成比が高くなる・・・と。

うむうむうむ…悩ましい。


と前置き、長いですね。
さてここいらで、最近行ってきたエンタテイメントについて
レポートしましょうか。3本まとめていきまっせ(順不同)↓ わーい(嬉しい顔)


Marie Antoinette
12月3日(日)夜 @帝国劇場

キャストは、
◆マリー・アントワネット 涼風 真世
◆マルグリット・アルノー 笹本 玲奈(新妻さんとダブルキャスト)
◆アニエス・デュシャン  土居 裕子
◆アクセル・フェルセン  井上 芳雄
◆ルイ16世        石川 禅
◆オルレアン公      高嶋政宏
◆カリオストロ      山口祐一郎

実は当初はあまり行きたいと思ってなかったのですが、
よく読んでみると、大好きな遠藤周作氏の原作ではないですか。
学生時代に読んだ本原作を思い出し、これは行かねば!と使命にかられました。
『原罪』がテーマであることは伝わったかなぁ。

ファンの方には大変申し訳ないですが、
山口祐一郎さんのカリオストロはいまいちでした・・・。はい。


綾戸智絵さん
11/22(水) @渋谷Bunkamuraオーチャードホール


ずっと一度行きたいと思っていた綾戸さん。
やっとチケット取れました。あまり良い席ではなかったけど。
音楽も渋くてよかったけど、やっぱりトークが最高。
期待どおり、おもろい関西のおばちゃんだった。
このQ&Aページがおもしろい。

この方のブログがおもしろいので、掲載させていただきますわ。
綾戸智絵ライブ at 渋谷Bunkamuraオーチャードホール

ピアノの中村まことさん、ステキでした(顔は見えなかった)。
ギターの宮野さんもメッチャ美しかった(音色がです)。
まじで聞いてて涙がこぼれそうになった。

綾戸さんのライブは、次回は是非、
ライブハウスのような場所でお聞きしたいものですね。
音が全然違うことでしょう。もう有名すぎて無理かな。


そして最後は、
あの Billy Joel
もうリアルに見れるのは最後かなぁと思い、、、(失礼!)。
コンサート日がちょうどmy b-dayだったんですね。
「これは素晴らしいお祝いだ!」と思って、自分でチケット取りました。友人の分も。
そしたら結構良い席取れたんですね。
3塁側のアリーナの真横あたり。それでもBillyはペンくらいの大きさだった。
ドームでコンサートなんて何年ぶりだろ。

予想どおり観客の年齢層はかなり高く、
私よりもはるかに先輩の方々がマジョリティ。
おじさん達が音楽にノッてる姿。これはなかなか微笑ましかった。

そして曲目は期待どおり70年代のものが中心で、
これがまさに私の好きなBilly!という感じ。
古いと言われても、イケてないと言われてもいい!
やっぱり私は彼のmusicが大好き。
Zanzibar、New York State Of Mind、Just The Way You Are…
涙が出そうになった。うーん、ノスタルジー霧
私も年をとったなぁ。

えーい、嬉しいから曲目も載せてしまおう。
24曲もやってくれたのね。すごーい。
終わったあとにゼイゼイしてました。やっぱりこれが最後カモ。。。
※曲名の下の『 』内はアルバム名です。

1. 怒れる若者/Angry Young Man
   『ニューヨーク物語/Turnstiles』('76)
2. マイ・ライフ/My Life
   『ニューヨーク52番街/52nd Street』('78)
3. マイアミ2017/Miami 2017
   『ニューヨーク物語/Turnstiles』('76)
4. オネスティ/Honesty
   『ニューヨーク52番街/52nd Street』('78)
5. エンターテイナー/The Entertainer
   『ストリートライフ・セレナーデ/Streetlife Serenade』('74)
6. ザンジバル/Zanzibar
   『ニューヨーク52番街/52nd Street』('78)
7. ニューヨークの想い/New York State Of Mind
   『ニューヨーク物語/Turnstiles』('76)
8. アレンタウン/Allentown
   『ナイロン・カーテン/The Nylon Curtain』('82)
9. ドント・アスク・ミー・ホワイ/Don't Ask Me Why
   『グラス・ハウス/Glass Houses』('80)
10. ストレンジャー/The Stranger
   『ストレンジャー/The Stranger』('77)
11. 素顔のままで/Just The Way You Are
   『ストレンジャー/The Stranger』('77)
12. ムーヴィン・アウト/Movin' Out
   『ストレンジャー/The Stranger』('77)
13. イノセント・マン/An Innocent Man
   『イノセント・マン/An Innocent Man』('83)
14. キーピン・ザ・フェイス/Keeping The Faith
   『イノセント・マン/An Innocent Man』('83)
15. シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン/She's Always A Woman
   『ストレンジャー/The Stranger』('77)
16. 愛はイクストリーム/I Got To Extremes
   『ストーム・フロント/Storm Front』('89)
17. ザ・リヴァー・オブ・ドリームス/The River Of Dreams
   『リヴァー・オブ・ドリームス/River of Dreams』('93)
18. 地獄のハイウェイ/Highway To Hell
   『地獄のハイウェイ/Highway To Hell』('79) AC/DC
19. ハートにファイア/We Didn't Start The Fire
   『ストーム・フロント/Storm Front』('89)
20. ビッグ・ショット/Big Shot
   『ニューヨーク52番街/52nd Street』('78)
21. ロックンロールが最高さ/It's Still Rock & Roll To Me
   『グラス・ハウス/Glass Houses』('80)
22. ガラスのニューヨーク/You May Be Right
   『グラス・ハウス/Glass Houses』('80)
23. - encore - イタリアン・レストランで/Scenes From An Italian Restaurant
   『ストレンジャー/The Stranger』('77)
24. - encore - ピアノ・マン/Piano Man
   『ピアノ・マン/Piano Man』('73)


以上、長くなりましたが、最近のエンタテイメントレポートでした。



るんるんるんるんるんるん
posted by えり★ at 23:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

元気が出ました

最近忙しくてあまり本を読めていなかったのだけど、
これではいけない!と思い、少しずつでもいいから読むことにした。

勇気づけられる…というか
困ったときに自分をどう扱うべきか…という迷いに
手を貸してくれそうな本に出逢いました。
大げさに言うと、「生き方」についても考えさせられる本とも
言えるでしょう。



糸井重里さんも著者のお一人です。

おもしろかった点はいくつもあるのだけど、その中で以下の2つが
私にとっての大きな発見でした。
何故かというと、科学的な根拠も何もないけれど、「そうであるに違いない!」と思っていたから。検証されたようで嬉しかった。

◆センスは学べる
  持って生まれたものだと思われている
  クリエイティビティやセンスも実は記憶の組み合わせでできている。

◆旅は脳を鍛える
  偶発性が多々発生する旅は海馬にすばらしい刺激を与える。

--------------------------------------------------------

他にも面白かったところ。

◆ストッパーをはずすと成長できる
  自らの気持ちにストッパーをかけないことが能力の飛躍に繋がる。

◆30歳を超えたときから頭はよくなる

◆脳は刺激がないことに耐えられない
  脳は本能的に刺激があるほうに向かうもの。
  「ルーティンワーク」に物足りないと感じるか、
  それでもいいやと感じるかが
  人にとっての大きな分岐点。

◆脳は見たいものしか見ない
  「頭がいい」とは自由な目でものを見れることかもしれない。
  脳の思い込みをいかに崩せるか。

◆脳の成長は非常に早い
  経験をすればするほど飛躍的に脳の回路が緊密になる。

◆脳に逆らうことがプロをつくる
  安定を保とうとする脳に逆らうことができると
 「専門家のだめな人」を突破し、プロになれる。

◆やりはじめないと、やる気は出ない
  なんでも「やる」しかない。

◆寝ることで記憶が整理される

よかった読んでみてくださいな。

ところで・・・
糸井さん、大好きでするんるん
「オトナ語の謎。」めっちゃ好きです。


何度読み返しても大ウケしまくりexclamation×2



ひらめきひらめきひらめき
posted by えり★ at 00:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

東京の大穴場

なんと2週間ぶりの更新です。話題も1週間遅れで恐縮です。
先週末の三連休のお話です。

伊豆七島にデビューしてきました。
行き先は神津島
(位置関係はこちらをご参照)

雲ひとつなく、はるか本州の富士山までもがくっきりと見える素晴らしいお天気でしたが、、、
先週大雨をもたらした低気圧の影響で、海は波が高く、本州と神津島を結ぶ船はすべて欠航という状況。私達は船のほうが満席で止む無く新中央航空の飛行機を取っていたため、無事に神津島に行き着くことができました。
(船よりも飛行機のほうが風には強いとのこと、、、)

ということで、島の観光客は飛行機で移動した私達19人のみ(19人乗りの飛行機なんです。調布空港発。こんな手段があるって知ってました?)。
DSC_0012.JPG

天気は申し分ないし、人は少ないし、景色は美しい!文句なしですね。
写真をご覧の通り、とにかく人がいないんです。人が少ないだけでも美しさって倍増しますね。

でも…今回の目的だったダイビングは結局できずじまい・・・でした。
せっかくの2年ぶりのダイビングだったのですが。

低気圧は去り天気は回復したものの、波はまだ荒い状況。しかも前日に遊漁船が転覆する事故が発生し、行方不明の方々がいらっしゃるとのことで島の船はすべてその捜索に。レジャー用の船は物理的にも心理的にも出せない、ということでダイビングは断念したのでした。

その代わり、天上山という山に登ってきました。天頂からは周囲の三宅島や御蔵島、そして富士山までも見渡せる360度パノラマ展望台の状態で、とってもステキ。
DSC_0068.JPG

海も東京都とは思えないくらいキレイ!
伊豆七島ってこんなにキレイだったんですね。今まで知らなかったのが勿体ないくらいexclamation×2
南の島々に全然劣らないくらいのキレイさです。
超お薦め。
DSC_0183.JPG

DSC_0197.JPG

夕陽もこんなにキレイなんですよぴかぴか(新しい)
(ちなみに撮影者は私の友人です。すべての写真。すっごくきれいでしょ)
DSC_0172.JPG

ダイビングは残念でしたが、それに劣らず負けない素晴らしい旅行になりました。山以外にも温泉もあったりします。
そうそう、新鮮な魚介類もおいしかった! 大満足るんるん

そして、大発見だった美しい伊豆七島。
こんなに手軽に行ける美しい海に、しばらくハマってしまいそうです…。
ハマるものが多くて、あぁ大変。遊びだけでも大忙し…。
なんて幸せなんでしょ。


晴れ晴れ晴れ晴れ
posted by えり★ at 16:35| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

軽くヤバい…

比較的痩せ気味の私ですが、年齢には勝てないようで、
「軽くヤバい」症状が出てきてます。

お腹が若干ぽっちゃり気味になっていたり、
背中の肉や脚の付け根がたるんできたり、、、。

なんとも言えず嫌な気分。

でもでも…、そりゃそうよね。
ここ何年も運動という運動をしてないわけだし。。。
やったと言えば、少しばかりのダイビングと山登り(2回)、
スポーツクラブでの筋トレとベルト上のランニング(5回くらい)。
それとストレッチ程度。

そりゃたるむって。

今は大したことないけど、今これを放っておくかどうかが
今後の体型の分かれ道に違いない・・・

……ということで、本日からジョギングを開始しました。
一人だとくじけてしまいそうなので、
同じ志を持った友人と2人でせっせと走ってますあせあせ(飛び散る汗)

まずは「やること」と「継続」に意味があると思ってるので、
距離もスピードも大したことはないけど、無理しない範囲で
とにかく【第一回】を終えました。
ばんざーいわーい(嬉しい顔)
身体がなまってるので、しんどかったけど、
終わったあとが気持ちよいこと♪♪

可能な限り、毎週やろうと思ってます。
はてさて、どれだけ続くものか。。。

加わりたい!という方は是非是非ご連絡ください。
お待ちしてます。
ちなみに場所は、「世田谷公園」です。


晴れスポーツ晴れスポーツ
posted by えり★ at 16:51| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

噂の男

文句なしっ!
いやいや、おもしろかったです。

『噂の男』

福島さん(福島三郎さん)の本と
ケラさん(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)の演出が良いのはもちろん、
役者がいいです。

堺 雅人
橋本じゅん
八嶋智人
山内圭哉
橋本さとし

一人一人が際立ってます。レベル高。
実に上手いっ!不自然さがないっ。無駄がないっ。

前から3列目の超良席で、こんなおもしろい舞台が観られて、
とっても幸せでしたわーい(嬉しい顔)

8000円でとっても得した気分、るんるん。

明日からもいいことありそうかわいい


ハートスペードダイヤクラブ
posted by えり★ at 01:23| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

夏も快適!お薦め へちまスリッパ

最近、コストやクオリティにさほど差がないようであれば、できるだけ『フェア・トレード』製品を買うことにしています。

以前から『フェア・トレード』の存在は知ってましたが、なかなか身近で触れる機会もなく、なんだか気にはなるけど、ちょっと遠めの存在でした。
が、ちょっとした縁から、今回の転職活動でこういった方面も選択肢の一つとして検討することになり、いくつか会社を訪問させていただいたりしているうちに、意識がちょっとは高まったかな、という感じです。

今回は、コーヒーや食品などが多いフェア・トレードの中では珍しく【衣類・ファッション】を専門に取り扱っている『People Tree』という会社の商品を買ってみました。

いろいろ買ってみたんだけど、その中で特に気に入ったのが、
『へちまのスリッパ』
hechima_slipper.jpg

デザインのかわいらしさが気に入って買いましたが、意外にも期待していなかった履き心地がとってもいいんです。
特に今の季節、真夏にはぴったり。
へちま部分が足の裏に当たってザラザラするんだけど、
これが適度な刺激で心地よいし、
素材がベタベタせず、サラっとしていて意外な感触です。
超お薦めひらめき
posted by えり★ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

宇宙戦争 男子はだまってなさいよ!5

宇宙戦争 男子はだまってなさいよ!5

超くだらなくて、めちゃおもしろかった!
あそこまでくだらないと素直に楽しめてしまいますね。
くだらなさも中途半端はいけない・・・ということがよくわかったお芝居でした。大声を出して、思いっきり笑って、すっきりできる舞台です。

昨晩は初日。もちろん舞台挨拶あり、そしてゲスト 〜春風亭昇太さん〜 もいらしていて、途中でアドリブ出演もしてました。アドリブはちょっとスベってましたが・・・。これも含めて楽しかった。

大人計画荒川良々さんが好きでリアルで見たい!という思いからチケットをゲット。期待どおりの雰囲気、表情で大満足って感じです。
しかも最前列るんるんうふ。

池津祥子さんも面白かった。根性ですね。あそこまで行くとステキ!
大人計画のお芝居はいつも超人気で、チケット売り切れ。
観たことがないんですよね。
今度は、いつもより頑張ってゲットしてみようかなぁ。
そうそう、9月に『大人計画フェスティバル』があるんですよね。ちょっと行ってみたい気がする。一緒に行ってくれる人、募集中

そんなワケで、るんるん気分で、思わず下北から自宅(中目黒)までお散歩しながら帰宅してしまいました。下北→中目黒って交通の便が超悪いんですよ。

今日(昨日)も良い一日でしたかわいい
posted by えり★ at 11:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

自己の存在証明

久々にちょっとカタめの本を読みました。

人はなぜ認められたいのか―アイデンティティ依存の社会学
石川 准 著


といってもそんなにガチガチではないです。
実は難しいことを一生懸命わかりやすく書いている本なので、素人でも読めます。
ですが、難しいことを簡単に書こうとしているが故に、わかりにくい部分も多々ある、という感じでしょうか。
社会学とか心理学の基礎知識があれば、もっと深い理解ができておもしろいだろうなぁと、本テーマに興味を持つための【きっかけ本】みたいな位置づけ、かな。

ざっくり説明すると、人は生きている様々な場面において、『自己証明』という行動をたくさん行っている、というお話で、その種類や例を説明したり、そのような視点から現代社会における現象を解く、といった内容です。
どんなに本人が自由に、自発的に表現、選択してきたつもりでも、社会の力の影響をたくさん受けているんだよ、と気がつかせてくれます。
一見自由な表現でありそうな「感情」でさえ、無意識のうちに社会の影響を受けたun-naturalな表現であることも多い・・・ということも。

そして、『社会の影響』という呪縛の存在を知った上で、自分や他人の表現や行動の本質をしっかりと考えよう!と、そんなことは書いちゃいないけど、そんなメッセージを伝えている本だと私は捉えました。拡大解釈しすぎかしら・・・?
著者の具体的な意見の押し付けではなく、思考の幅を広げる【刺激】であり、自ら考えることを促すような本でした。基本的に好きです。こういう本。

最近、生物の一種である【人間】の継続的な生存のための必然的な行動、、、といったテーマにとても興味を持っています。
「自分でもよく理解できない行動や表現」のワケも知りたいですし、
全般的に「人の行動や表現」の根源というかカラクリみたいなものを、もっとよく理解したいなぁと。
それにこういうことがわかれば、自分の嫌な行動やネガティブな感情や状態を「制御」することも可能なんじゃないのかしら、、、。

特に、直近の転職活動において、とって憑かれていたかのように『意味』をがむしゃらに求めていた自分の行動は、客観的に見ても不思議で仕方がなかったので、「なるほどぉ。」とすっきりしました。
同時に、今の自分の『位置づけ』『状態』といったことも少しわかったような気がします。

もう1点、本著のなかで印象的だった文章。
「(引用)だれにとっても日常というのはつまらないものだったり、平凡だったり、輝かしい出来事などないし、自分の価値を証明できるチャンスに恵まれる人は少ない。〜中略〜 そういう中で、輝かしいことが起きないような日常を生きていくことになるということをよく知っている立場の人たち、具体的に言うと男の子よりも女の子たち、とくに将来、結婚して専業主婦になるような人生を想定しているような女の子たちというのは、男の子たちよりも早い段階から、「終わらない日常を生きていくためのスキル」、適応するための行き方のコツみたいなものを、じつはもう身につけている」(宮台真司さんという社会学者の主張だそうです)

詳細コメントは敢えて避けておきますが、これを読んで、
「なるほどぉ、、、そういうことか。」と
一瞬で理解が深まりました。これでナゾが解けた・・・ひらめき

こういったテーマには、養老先生や茂木先生の著書みたいな「脳科学」や、今回のような「社会学的」とか、いろいろなアプローチがあるようです。おもしろーい。
知っていると知らないとでは、普段の生活や行動が全然異なってきそうですね。
posted by えり★ at 15:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆お薦め☆ (食以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。